歯の話

電動歯ブラシの選び方は意外とシンプル

電動歯ブラシって、色々あってわからない!という方も多いことでしょう。

・駆動式は「音波式」「回転式」
・価格は2000円くらいから25000円くらい
・モードが1つもしくは多数
・メーカーはいろいろ
など、悩みポイントはたくさんありますよね。

この中でも、機能面について今回は考えてみましょう。

電動歯ブラシには、
シンプルにオン・オフだけのものや、強・弱を変えるもの、
ホワイトニングモードや舌磨きモードなど高機能を備えるものがあります。

価格が高価格になればなるほど多機能になります。

では、いろいろなモードがある電動歯ブラシを日常ではどのように使っているか?

これは私自身も興味がありましたのでTwitterでアンケートをとってみました。

結果は
『電動歯ブラシ使用している11人のうち9人はお気に入りの1モードを使用している』
とのことでした。

私もオーラルBのハイスペックな電動歯ブラシを使用しており、
手に入れた当初はいろいろ試してみましたが、
その後はやさしくみがける「やわらかクリーン」モードしかつかっていません(笑)

電動歯ブラシの選択として、
初めての方は動きのしっかりしたスタンダードモデルで、強・弱もしくは2モードくらいの切り替えがあるものがおすすめです。

また、すでに電動歯ブラシを使用しており、同じメーカーで買い替えを検討している場合は、自分のお気に入りのモードが含まれているものをグレードダウンして購入するというのもありでしょう。

毎日使うものなので、電動歯ブラシはシンプルなものを選ぶというのも良さそうですね。

じゃあ、大原のおすすめはなんなのさ?と聞かれそうなので1機種だけあげておきます。

それは、
ブラウンオーラルB PRO2000です。

created by Rinker
ブラウン(Braun)
¥6,480
(2022/10/04 20:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

スタンダードなモデルで、
モードは強・弱(クリーンモード・やわらかクリーンモード)、
過剰圧センサー付きでオーバーブラッシングも防ぐことができます。

ハンドルはオーラルBの中でも細めで持ちやすく、
回転式で高効率に磨けます。

また、Amazonのセールでは必ずといっていいほど対象になり、
今なら24%オフの5980円で購入できるというのも魅力です。
(スタンダードモデルの電動歯ブラシはだいたい価格帯が8000円〜10000円くらいです。)
(※購入する際はそのときの価格をよくチェックし、安価に手に入れたい場合はセール中かどうかしっかり確認してくださいね!)

そして、付属のブラシが「極細毛ブラシ」で電動歯ブラシ初めての方にもおすすめできます。

私も自宅用に先日購入しました(笑)

気になる方は、「30日間返金保証」もやっているようですから、試してみるというのもありでしょう。

今回はシンプルな電動歯ブラシの選び方についてお話しましたが、
YouTubeで『電動歯ブラシのキホン』
という動画をアップしていますので、より詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね!