歯の話

子どもにも電動歯ブラシという選択〜電動歯ブラシは「細かい動き」をサポートしてくれる

こんにちは!

先日、診療室にこられた小学4年生の女の子。

診療前におもむろに電動歯ブラシを取り出して、2-3分ハミガキ。

ちなみに女の子が持参していたのはこちら

 

歯に残っているプラーク(歯垢)がよく分かるように、
歯垢染色液で染め出してみると…

「おぉ、いつもより取れているじゃないか!」

ちょっとびっくりしました。

これまで、定期検診ごとに何度もハミガキ練習はしていたものの、
ハミガキは難しいもので、なかなか完璧には磨けませんでした。

しっかりハミガキをするためには、

・正しく当てる
・細かく動かす

この2点がポイントになります。

特に「細かく動かす」のは大人でも難しいものです。

電動歯ブラシは「細かく動かす」をサポートしてくれます。

女の子は、歯ブラシを正しく歯には当てられていたものの、細かく動かして上手にハミガキするのが難しかったようです。

 

電動歯ブラシは「細かく動かす」をサポートしてくれる

目標は、上手にハミガキをするということなので、
頼れるものは頼ればいいでしょう。

自転車にのりはじめるとき、補助輪をつけて練習するように、
ハミガキの練習も電動歯ブラシを使うというのはアリです。

 

安価なものでも、動きをサポートをしてくれます。

もちろん仕上げ磨き、フロスも忘れずに

もちろん、保護者の方の毎晩の仕上げ磨きも重要。

生え変わりの時期などは、歯の並び・高さが複雑になっており、仕上げ磨きで磨きにくいところを磨いてあげる必要があります。

寝る前だと眠くなりがちなので、夕食後、入浴前が仕上げ磨きのベストタイミングです。

電動歯ブラシとはいえ、歯ブラシ。
歯と歯の間は守備範囲外です。

歯と歯の間に1日1回はフロス(糸ようじ)を通してあげてください。

電動歯ブラシもブラシ交換が必要

電動歯ブラシにも定期的なブラシ交換が必要です。

3ヶ月に1回など、指定の時期がきたらブラシ交換をしてください。

ブラシを付け替えれば、本体1台で兄弟・姉妹で使えます

電動歯ブラシは、ブラシを付け替えられるので、本体が1台あれば兄弟・姉妹で使えます。

ブラシの付け根にカラーコードをつけられるようになっている場合も多いので、色で誰のものかわかりやすいでしょう。

さいごに

電動歯ブラシは、ハミガキのポイントである「細かい動き」をサポートしてくれる便利なグッズです。

短時間でハミガキすることができ、子ども用の電動歯ブラシであれば子どもさんでも扱いがかんたんです。

正しく当てさえすれば、手磨き用歯ブラシよりかんたんにきれいに磨ける電動歯ブラシを使ってみるのはアリでしょう!

それではまた!