ライフログ

宮本浩次 冬の花〜ぐっと胸を掴まれた

ドラマ『後妻業』

そのエンディングで流れるのが
宮本浩次さんの『冬の花』

魂の叫びのような歌に、ぐっと胸を掴まれました。

 

冬の花

魂の叫びに、やられた

昭和歌謡感、演歌感、いやロック、なんだろう。

地の底から這い上がるような。

笑顔と涙、光と闇、太陽と月、背反するものの間にいることがリアル生きているということ。

いやぁ、半端ない迫力。 一気にファンになりました。

とにかく前へ。前へ。

過去は美しく、未来は悲しい。

しかし、
つまずきながらでも転びながらでも下手でも、 先がどうなっていても、
進むのは前だ、
前しかないのだと感じる歌。

 

 

宮本浩次さんは、エレファントカシマシのボーカルの方なんですね。

改めて、エレカシの曲もきいたみたいなぁと思いました。

 

 

【2019年3月1日追記】

エレカシファンの方に、
「次に聞いたほうがいいアルバムはなんですか?」と聞いたら、
ベストアルバムの『All Time Best Album THE FIGHTING MAN』がいいですよ!と教えていただきました!

さっそくゲットして聴き始めています!

All Time Best Album  THE FIGHTING MAN(初回限定盤)(DVD付)


 

 

 

 

 

ブログが面白い!と思ったらぜひ公式メルマガ登録を!