歯の話

むし歯予防のためのハミガキ粉選びのポイントは?

ハミガキ粉,どんな基準で選ばれているでしょうか?

味が気に入っている,磨いたときの爽快感,値段,メーカーなど,いろいろ
基準があると思います.

なかでも,これだけは,ぜひチェックしてほしいというものがあります.
それは「フッ素濃度」です.

平成29年3月に,日本でも高濃度フッ素(上限1,500ppmF)のハミガキ粉が
市販できるよう認可がおりました.
(これまでは上限1,000ppmでした.)

現在,日本で市販されているフッ素最高濃度は1,450ppmFのもの.

高濃度フッ素のハミガキ粉のほうが,虫歯抑制効果が高いのです.

次にハミガキ粉を選ぶときは,ぜひ,
フッ素濃度が「1,450ppmF」
表記されているかチェックしてみてください.

「高濃度フッ素」配合
「フッ素1,450ppm」配合
などの表記を確認してください.

ただし,6歳未満の子どもへの使用は控える,ということになっています
ので,お子様には従来の子ども用フッ素配合ハミガキ粉を使用させてください.

なお,ハミガキ粉の成分が歯に効果的に作用するためには,
・口に少し含むくらいの少量の水で
・1−2回のうがいにとどめる
のがポイントです.
ハミガキ粉の味が残るくらい,といえばわかりやすいでしょうか.

 

それではまた.

 

「奥歯までしっかり歯ブラシ女子」[モデル:河村友歌]

ブログが面白い!と思ったらぜひ公式メルマガ登録を!