和田秀樹 感情的にならない本 不機嫌な人は幼稚に見える

和田秀樹 感情的にならない本 不機嫌な人は幼稚に見える

 

感情的にならない本 (WIDE SHINSHO203) (ワイド新書) (新講社ワイド新書)

 

 

読了。

ものごとには白か黒かではなくグレーゾーンがあるという曖昧さを認め、自分の感情コンディションを知りコントロールすることによって平常時はもちろんのこと追い込まれたときでも感情的にならずに冷静に「大人な対応」が出来る、ということが細かく書かれています。

それにしても本の最後は、タイトルとはあまり関係のない話で、人生は小さな度胸だめしの連続だから臆病にならずに楽しんでいこうというしめくくりなので、読み終えるとなんだか元気になります。

ブログが面白い!と思ったらぜひ公式メルマガ登録を!