歯の話

歯がなくなったままにしているとどうなる?

こんにちは!
先日,このような質問をいただきました.

 

親知らずをのぞいて28本ある大人の歯,
場所によっては失くなってもそれほど困らない気がしますが...

 

ほんとのところはどうなんでしょうか?

 

今回は「歯がなくなったままにしているとどうなる?」について,お答えしてみます.

 

歯がなくなると,色々な問題が起こってきます.

「すぐ」生じるものと,「長期的」に出てくるものに分けて考えるとわかりやすいです.

 

 

まずは「すぐ」生じる問題について.

・見た目が悪い
なくなった歯が前歯だと,見た目が悪くなります.
そうすると,大きく笑うのが辛いですよね.
大体,前から4番め(第一小臼歯)までの歯は失くなると目立ちます.

 

・かみにくい
歯がなくなると,かみづらくなります.
大体はじめになくなるのは,よく使う側の歯なので,そちらが使いづらくなるので不便です.
1本くらいじゃあまり気にならないかもしれませんが,2−3本なくなるとかなりかみづらそうです.

 

・話しづらい
前歯が失くなると,見た目が悪くなるのに加え,空気が漏れるので話しづらくなります.
具体的には,た行,だ行,さ行など舌が歯に触れて音をつくるものが発音しにくいです.
前歯が失くなると見た目が悪くなってしまうので,大きく口を開けづらくて話しにくくなるというのもあるかもしれません.

 

 

 

そして,より深刻なのが「長期的」に出てくる問題です.

・他の歯に負担がかかる
歯がなくなった部分は,どうしても避けてかもうとします.
例えば,いつも両方の側でかんでいたのに,左側の奥歯がなくなったため,右側だけでかむようになるなど.
そのため,他の歯に負担がかかります.
負担が集中すると,歯の咬耗(すりへり)が進んだり,歯を支える骨が減ってしまう歯周病が進みやすくなります.

 

・歯並びが悪くなる
歯がなくなると,なくなった側に歯が倒れてきたり,反対側の歯が伸びてきたり,付近の歯が内側に倒れてきたりします.
そのため,歯並びが悪くなります.
掃除もしづらくなるし,いざ,なくなった歯のところを治療しようとしても治療しにくい状態になってしまっている場合もあります.

 

・顔の形が変わる.姿勢が悪くなる.
例えば,右の奥歯がなくなったから左でのみかんでいる,というような場合,左の頬が張ってきて,顔の形が左右非対称になります.よく使う側の筋肉のみ隆々になり,使わない側はほっそりしてバランスが崩れます.
さらに,片方だけ肩こりがひどくなる,片足立ちしたときにバランスがとりづらくなるなど問題が起こるともいわれます.

 

・あごの関節の具合が悪くなる
片方だけでかんでいると,耳の近くにある左右の顎の関節のどちらかまたは両方に負担がかかります.
口が開けづらくなったり,あけしめするときに痛みが出てくることもあります.

 

・人に会うのがいやになる
歯がないと,かみづらいから外食が楽しめない.
見た目がわるいから,話しづらいから,人に会いたくない...
歯がないことがネックで,人に会って楽しむチャンスを失ってしまうのは悲しいことです.

 

 

以上ご紹介したのは,「歯がなくなったままにしているとどうなる?」の一部の例ですが,いかがでしょうか?

 

なくなった歯を元に近い形に戻そうとする治療法はいくつかあります.
例えば,ブリッジや,入れ歯,インプラントなどです.

 

それぞれの治療法にメリット,デメリットがあるので,自分にとって最適な方法についてはかかりつけ歯科の先生とよく相談してみましょう.

 

それではまた.


大原廣之への匿名での質問はこちら(Peing)へどうぞ