気づき・ひらめき

短所克服〜苦手意識は能力にブレーキをかける

こんにちは!

 

いきなりですが〜歴史の勉強はじめてみました.

 

今,刀剣・武将ブームなどで歴史を学ぶのが流行っていますが,自分の場合はちょっと違うところに理由があります.

 

人生をより楽しむために,色々必要性を感じたからなんですねぇ.
・ウイスキー検定の勉強をしていて,年代・地名が出てくるけど背景がよくわからない...
・旅行先にある立て看板などに書いてある説明を読んでも深く理解できない...
・日本人のことを実はあまり知らない.説明できない.
・これからの未来を予測できない.(歴史を参考にできない.)
などなどトラブル満載.

 

正直,社会全般,とくに歴史・地理は超ニガテ科目でしたねぇ.
しかし!ニガテというのは自分に対するやらない言い訳なんです!

 

短所克服のために,ニガテ感覚を意識的に外して勉強を始めることにしました.
(簡単に書いてますけど,トレーニングすれば本当に簡単にニガテ意識は外せます.なんでもできます.)

 

興味のあるところからはじめるということで,
駿台予備校 世界史講師の茂木誠先生の「世界史とつなげて学べ超日本史」という本を読み始めています.

世界史と照らし合わせながら,日本の歴史を説明してくれているので,登場人物たちの背景や意思決定プロセスが理解しやすいです.

 

読んでいて気がついたことは,
・自分の頭の中に歴史キーワードの断片はある
・歴史キーワードの断片は有機的につながらないと知識にならない
・苦手意識があると本来の能力が発揮できない

以上の3点です.

 

一応,学生時代にひとしきり勉強はしていたはずなので,記憶の片隅に歴史キーワードはちらばってます.
それらを知識として活用するにはちゃんと理解してつなげてやらないといけないんですね.

 

まだ全体像はぼんやりしていますが,頭の中でジグソーパズルのピースがパチパチはまっていくように,組み立てられつつあります.

 

面白くなってきたので,しばらく歴史の勉強をしてみます.

 

それではまた.