交野マラソントレーニング4日目〜ジムのランニングマシンと屋外ランの違い

こんにちは!

4月22日の交野(かたの)10㎞マラソンに向けて,順調にトレーニングをこなしています.

本日は屋外で
8km/h 7分→13km/h ラン 3分 インターバル走3セットでした.
結果はこんな感じです.

プッシュ時に13km/h=4分37秒/kmを保ててないやないか!!!(がくっ)
3セット目は12㎞/h=5分/kmより遅くなってますねw

心臓が悲鳴をあげています...いやはや厳しい!

感想としては,
・屋外でのインターバル走はペース配分がむずかしい!
・ランニングマシンと屋外ランでは使う筋肉が微妙に違う
・屋外は景色が良いので時間がすぐにたつ

ジムのランニングマシンでは,強制的にスピードを8㎞/hまたは13㎞/hに固定してマシン上のベルトの上で走るので,ペース低下はありません.

一方,屋外では自力で頑張って走らないとペースが保てない・・・

そして,屋外では今自分がどれくらいのスピードで走っているのか,何分走っているのかを管理しないといけないので結構忙しいです.

ガーミンの活動量計(vivosport)を頻繁にチェックしてました.

より高機能なスマートウォッチ等ならインターバル走の管理はやりやすいのかもしれませんね.

また,ランニングマシンと自力走では微妙に使う筋肉が違います.
ランニングマシンでは傾斜3度に設定して練習しているものの,どうしても上方向へのベクトルが大きい動きになってしまっているようです.

屋外ランニングはやっぱりすがすがしい!
景色が流れていくので,飽きがこず疲れを感じにくくなり,時間がたつのが早く感じるのがメリットですね.

ランニングマシンと屋外ランを比較してみると
・インターバル走はランニングマシンの方がやりやすい
・LSDトレーニングは屋外ランの方が楽しい
・マラソン直前の仕上げは屋外で実際に走るのがよさそう
以上のポイントに気づきました.

それぞれの特徴を踏まえて,トレーニングに活かしていくとよさそうですね.

次回はLSD60分の予定です.

それではまた.

これまでのトレーニング記録

<4月12日>(屋外)
・8km/h 7分→13km/h ラン 3分 インターバル走 3セット

<4月8日>(屋外)
・LSD 45分(45分19秒,7.11㎞,平均6分23秒/㎞,平均心拍171bpm)

<4月6日>(ジム)
・8km/h 7分→13km/h ラン 3分 インターバル走 2セット
・8km/h ジョグ 7分+13km/h ラン 1分 インターバル走

<4月3日>(ジム)
・5.5km/h ウォーキング 10分
・8km/h ジョグ 7分+13km/h ラン 3分 インターバル走 2セット

次回のトレーニング記事はこちら

交野マラソントレーニング5日目〜子どもたちとランニング
こんにちは! 4月22日の交野(かたの)10㎞マラソンに向けて,日々トレーニングをこなしています. 本日は5日目...
スポンサーリンク
アドセンス 336×280