発信を習慣にすると確実に変化が起こる〜立花岳志さんの『「好き」と「ネット」を接続すると,あなたに「お金」が降ってくる」』を読んで

おもしろい!と思ったらシェアお願いします

こんにちは!

この一週間,ほぼ毎日ブログを更新してみました.

テーマは,食事について,歯科医ネタ,花見,交野マラソンに向けてチャレンジしている話などなど.

中でも,「本業と副業」の話は,尾藤克之さんにアゴラに取り上げていただき,スマートニュース,グノシー(総合11位)そしてYahoo!ニュース掲載まで発展してびっくりしました!

ということで,更新頻度を高めると確実に変化が起こることを実感できたおどろきの一週間でした.

なぜ急に更新頻度を高めたかというと,
プロフェッショナルブロガー・作家の立花岳志さんの新刊
『「好き」と「ネット」を接続すると,あなたに「お金」が降ってくる』を読んで,これはやってみないと!と思ったからです.

その理由を本の中からいくつか紹介します.

ブログでの情報発信は,「質より量より更新頻度!」

ブログは毎日とにかく書いて,公開して人目にさらすということが大切.

筋トレと同じで,頻度を上げることで基礎力がついてくる.慣れてくるからとのこと.

文章を書く作業は,頭のモヤモヤをを言葉にまとめて,腕の筋肉を使ってペンを動かしたりタイピングといった運動を通じてアウトプットしていくもの.

この回路を何度も使うことで,書くハードルを下げる,書く事に慣れる,書く基礎力が上がっていくのだそうです.

1週間ですが続けてみたところ,確かにちょっぴりブログ筋が鍛えられてきた気がします.

「はっ!」とひらめいたこと,「オモシロイ」と思ったこと,「なぜだろう?」という疑問など,浮かんだ瞬間はモヤモヤとした霧のようなものを,文章という形あるものに固定する力がついていきそうな感触があります.

毎日続けるほうが,週に1回や週に2−3回よりも習慣になり続けやすい

これまでは,週1回書けばいいだろう,本を読んだらそのとき書評を書こうというスタイルでブログを書いていました.

ところが,いざ書く段になると筆が進まない...

その理由がこの本を読んでわかりました!

「書かないことが習慣になってしまう」からだったです.

「じゃあ,毎日書くようにしてみようか!」
とはじめて1週間.

ぎこちないながらも書くことが生活の一部に組み込まれつつあるので,以前よりスムーズに文章が書けています.

書くことを習慣にしたいなら,毎日書くのが一番簡単だということを実感しました.

情報発信は,自分の持っている価値を他人に提供すること

立花さんの本によると,情報発信は,第三者が目にしても役に立ち,仕事や生活に活用できるような「価値ある発信」のことをいうそうです.

以前からFor youの気持ちでブログを書く方が読み手の役に立つということは知っていました.

しかし,書くことに必死になってそこまで余裕がなかったというのが正直なところです.

連日ブログを書き続けていると,
「読み手に価値を提供できる内容にするのはどうすればいいだろう?」
と考える余裕が出てきます.

また,そう考えながら書くと筆も進みますし,何より楽しいことがわかりました.

価値ある発信を意識すると,少なくとも読み手としての視点でも考えるので,気がつくことも増え,表現できる幅が広がっていく感じがします.

さいごに

立花さんの本は,今の自分のステージを確認し,そのとき何をすれば良いのかがよくわかる構成になっています.

これから発信を始めてみようという方も,既に始めていて壁にぶつかっている方にも,プロのブロガーなどの発信者の方も,それぞれのレベルに応じた気づき,To doが見つかると思います.

これから一つずつ,本で紹介されているステップをトライしながら発信し続けていこうと思いました.

発信者にはオススメの一冊です!