宮下奈都 羊と鋼の森

宮下奈都 羊と鋼の森

読了.

2016年本屋大賞で第1位となった本です.

本屋大賞で1位の本というのはどういうものなのか気になるからという不純な動機でこの本を手に入れました.
ごめんなさい.

でも結論から言うと,読んでよかったと思いました.

あたりでした!

「羊と鋼の森」
羊はピアノの弦をたたくハンマーのフェルトが羊毛,
鋼はピアノ線.
森には色々な意味が込められており,その時々で美しく使い分けられています.

高校生だった主人公が,とある調律師に出会ったことをきっかけに,自分の意思で調律師になると決断し,素晴らしい方向へ人生を歩んでいきます.

タイプの違う先輩,ピアノ,人々との出会いながら,考え,迷い,決断し,不器用ながらも謙虚に努力して,主人公らしくプロフェッショナルの道を極めていく姿に感動しました.

登場人物たちの突き詰めるべき物事に対する悩みやふるまい,言葉に共感する部分がたくさんあったので,頷きながら読んでました.
プロフェッショナルを目指す一人として.

本文中に出てくる「調律師」という部分を,自分が携わる職業についつい置き換えて読んでしまいます.

迷いつつも何かを極めようとしている方や,何に打ち込めばいいか迷っている方にもオススメです.

読み終わったら,すっきりして,また頑張っていこうと思える気持ちのよい本でした.



映画もぜひ見てみたいです!


(公式サイトHPより)

スポンサーリンク
アドセンス 336×280